お店やホテルなどで接客を受けると
「あそこは対応が良かった」
「あの人は対応が今一つだった」
といった印象を抱くものです。

これは接客業をする私たちの宿命でもあり、
サービス向上には不可欠なことでもあります。

でも、この対応力は向上させればさせるほど役に立ちます。
たとえば、仕事の悩みの多くが人間関係からもたらされるといいますが、
対応の仕方ひとつ変えるだけも、相手に与えるストレスやその後の展開にも影響を与えます。

たとえば、、

 

簡単に「ノー」と言っていませんか?

できません、わかりません、いりません。

これらの否定語は質問に対する否定だけではなく、質問をした人にも「否定された」という印象を与えてしまいます。

私たちも日々お客様から様々なご要望を受けますが、どうしても対応できないことがあります。でも、それをただ単に「できません」「わかりません」と伝えるだけでは、進展がありません。それに、お客様もモヤモヤしたままです。

お客様に心地よい対応をすることこそ、私たちの腕の見せ所です。

 

いかに「ノー」と言わずに対応していくか

例えば、わからないことをお客様に質問されたとしましょう。
「ちょっとわからないので、すみません」ではお客様はモヤモヤするでしょう。
わからないのは仕方のないことです。でも、わからないままで対応を終わらせてしまうのも考え物です。

例えば、「○○に関して不確かですので、すぐに調べて参ります。少々お時間を頂戴できますでしょうか?」という対応でしたら、お客様にもきちんと対応していることが伝わるでしょう。

さらに、お客様のご期待に沿えない場合も、そのことをお詫びしつつ、代わりのものをご提案することでお客様も「ノー」と言われた気はしないでしょう。

「この絵は誰が描いた絵ですか?」と尋ねられて、わからなかったとしても、
「わかりません」ではなく、
「とても繊細な絵ですね。何なのでしょうね」などとお客様と同じ方向を向きながら相づちを打ち、あとで「さきほど調べて参りましたら、○○という方が描かれた『■■』という絵だそうです」と対応して時間を共有すれば、お客様も喜ぶことでしょう。

 

対応力を磨いて、お客様との大切なひと時を共有しませんか?

私たちは居心地の良さにこだわっています。
お客様にとって居心地の良い空間、そして接客を提供すべく、
日々過ごしています。

当社の事業ミッションに「一期一会」という言葉がありますが、
これは茶道の精神性を説いた言葉で、この機会は一生に一度のものと心得て、主客と共に互いに誠意を尽くすという意味です。

またと来ないかもしれないこの瞬間を、
明日への活力となるような時間となるように
私たちはおもてなしの精神を日々磨いています。

あなたも私たちとともに日本のおもてなしを身につけ、継承していきませんか?