仕事は楽しい方がいいです。やりがいを感じた方がいいです。夢中になれた方がいいです。

ちなみに、中の坊には、仕事が好きになってしまう瞬間があるそうです。多くのスタッフが、その瞬間に遭遇し、さらに仕事が好きになったとか、、、

その瞬間とは、いったい何なのでしょうか。

旅館ならではの仕事の魅力

旅館における接客の仕事の魅力として、

  • 一人ひとりのお客様にじっくりと関わることができる
  • お客様の人生に深く関わることができる

などがあげられます。
これらは、仕事の魅力であると同時に、仕事が好きになる瞬間でもあります。

当旅館は、誕生日や記念日のお祝いなど、人生の特別なシーンでご利用されることが多く、スタッフもそうした場面を共にする機会が増えます。

立派に自立された息子さんが親孝行のために訪れたり、定年退職されたご主人様をご家族全員でお祝いしたり。

特別なシーンだからこそ、普段なかなか表現できない気持ちがあらわれるものです。
「ありがとう」の一言で、ご家族で共有されてきた数々の思い出が走馬灯のように巡り、涙が頬を伝う、そんなシーンもよくあります。

様々なお客様に出会い、数々のシーンを共有するたび、家族の素晴らしさなどを実感できます。これこそ仕事の魅力であり、仕事が好きになる瞬間です。「一人ひとりのお客様にじっくりと関わることができる」「お客様の人生に深く関わることができる」というのはこういうことなのでしょう。

私も長年働いて気がつくことがありました。それは、当旅館は私たちが想像する以上に、お客様にとって思い出の地であるということです。今年で創業150周年を迎えましたが、この地で数々の思い出が生まれてきたのだと思います。実際に、何十年もご利用いただいているお客様もいます。きっとこれまでの人生の様々なシーンで当旅館をご利用いただいたことでしょう。

当旅館が多くの方々の思い出の地であれたら、そこで働く私たちにとっても光栄なことです。
私たちが目指すのは、100年先も愛されつづける旅館です。
そのためにもこの仕事の魅力を伝え、この仕事が好きで好きでたまらないというスタッフを一人でも増やしていきたいです。

旅館の仕事を知る