私たちを大きく成長させてくれるもの、それは失敗です。

誰にでも大なり小なり失敗した経験があるはずです。
失敗は辛い経験です。
でも、失敗ほど人生に有意義な学びをもたらしてくれるものはありません。

誰だって望んで失敗をするわけではありません。
でも、失敗を恐れて何もしないのでは、その先に成長はありません。

もし失敗を恐れているのなら安心してください。
それは私も同じだからです。
初めてのことをするたびに不安になります。

他のスタッフも同じです。

だから、あなたが失敗するかもしれないということ、あなたが失敗を恐れていることもみんな承知しています。

失敗するのはみんな怖い。
でも、いつも仲間がいる。
だから、安心してください。

 

私にも失敗はあります

私はもともと教員を目指していましたが、採用試験に受からず断念しました。

受かる気満々というわけでもありませんでしたが、受かるかもしれないという期待もあっただけに、ショックでした。もちろん辛かったのですが、落ち込んでばかりいられないのが大学4年生ですよね。何とか気持ちを切り替え、就職情報誌を買い、面接を受けることにしました。

最初に面接を受けたのが当社でした。30年以上も前のことです。こうやって振り返ると、本当に色々なことがありました。嬉しかったことも失敗して凹んだこともあります。

私の中で特に記憶に残っている失敗談は、社員旅行でグアムに行ったとき、全身日に焼けて顔がボロボロになり、フロントに立てず、お叱りを受けたことです。

今となってはこうして皆さんに打ち明けることができますが、当時は一緒に働くスタッフへの申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

この30年を振り返って、私以上の失敗をした人は心当たりがありません。それだけ、皆さん優秀なのでしょう。

でも、他のスタッフもまったく失敗していないのかというとそうではありません。やはり失敗はしています。先輩に指導される場面を見かけることもあります。

その光景を見るたびに、
「頑張って乗り越えてほしい」という親心が生まれます。

これは私自身も失敗したことがあるからだと思います。そして、指導する先輩も同じだと思います。時には厳しく指導することもありますが、でも決して見捨てない、そんな愛情を感じます。

 

失敗があるから感動もある

生きている限り、思い通りに行くことばかりではありません。
楽しいこともあれば辛いこともあります。

最近、宮崎駿監督の
「世の中の大事なことって たいてい面倒くさいんだよ」
という言葉が脚光を浴びていますが、その通りだと思います。

私も失敗したときはその場から逃げ出したくなります。
何もかもが面倒になります。
時間を戻したくなります。

でも、それと向き合って、
乗り越えるからこそ
何か成し遂げたときや評価されたとき、
お客様に喜んでいただけたときに
感動するのだと思います。

面倒なことが一つもなく、
失敗することもなく、
何もかも順風満帆に物事が進んだとしたら、

お客様が感動する姿を見ても、
当たり前のことのように捉えてしまい、
何も感じないのかもしれません。

だから、今となってはあのとき失敗してよかったと心から思います。

どうか皆さんも失敗を恐れずに、一歩踏み出してみてください。

 

新卒・中途エントリー受付中