最初の接客というのはとても不安なものです。

接客経験のある方も
今は忘れてしまっているかもしれませんが、
初めてお客様が目の前に現れたときは
きっと緊張したことでしょう。

接客をしたことのないあなたも、
うまく対応できなかったらどうしよう、、
といった不安があるのかもしれません。

でも、どうか安心してください。

なぜなら、接客未経験だからこそ
お客様に提供できる価値があるからです。

接客未経験者にもベテランにも
それぞれ良いところがあります。

 

接客のスキルは未熟でもお客様の心を動かすことができる

接客スキルは新人スタッフよりも
ベテランスタッフの方が上です。

でも、ベテランスタッフにはない
新人スタッフの良さが別のところにあります。

それは、「一生懸命さ」です。

最初の頃は、右も左もわからないでしょうし、
訊かれたことに対して上手に受け答えできないこともあるでしょう。

日々忙しく仕事をしているビジネスマンが
訪れるホテルであれば、
イライラさせてしまうかもしれません。

でも、旅館の場合、ゆっくり過ごしたい、
ご当地ならではの体験をしたい
というお客様が多いですし、
旅館のスタッフとの交流さえも
楽しみにされている方も多いです。

サービスは洗練されていなくても、
一生懸命さこそが新人スタッフの強みです。

そして、その一生懸命さこそが
「私のためにこんなに頑張ってくれている」と
お客様の心を動かし、結果的に記憶に残るのです。

 

満足を超え、感動を生む心配り

人は満足しても、
なかなか感動はしないものです。

人が感動するのには
いくつかの理由があります。

その一つが、
「私のためにこんなに頑張ってくれている」
というサービス精神です。
これはスキルではなく心配りです。
この心配りを常に念頭に置けば
人生は劇的に変わるでしょう。

もちろん簡単なことではありません。
忙しいときは頼まれごとをされないよう
お客様と視線を合わせないようにして
自分の仕事を優先させることもできます。

でも、そうした状況でも目の前のお客様に
自分のすべてを捧げることができるかどうかが
私たちの仕事では重要になってきます。

それが当たり前になってくると
感動を生む心配りが自然とできるようになります。

 

心配りは人生を豊かにする

感動を生む心配りは
一朝一夕で身に付くものではありません。

なぜなら、心配りは
あなたの生き方そのものが現れているからです。

相手が当たり前だと思っていることを
ひたすらやり続けることができますか?

どんな状況でも自分より他人を
優先することができますか?

心の底からお客様が喜ぶ姿を
見たいと思っていますか?

今はできていなくても、
お客様が感動する心配りを
身につけたいという想いさえあれば、
あなたは大きく成長することでしょう。
そしてより豊かな人生を送ることでしょう。

そんな心配りを私たちと一緒に身につけていきませんか?

新卒・中途エントリー受付中!